記事一覧

2011年04月21日

東北地方太平洋沖地震災害復旧支援

はじめに、この度の震災で被災された皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。

私どもが属する愛知県建設業協会より、地震災害復旧支援協力の要請があり、「私たちが今出来ること」の、思いを胸に、工事部より内藤、そして営業部 安部の2名で復旧支援に向かいました。

平成23年4月9日 13:00に名古屋を車で出発し、宮城県仙台市にある愛子防災除雪ステーションに10日 8:00到着しました。(9日22:00頃仙台南IC手前のサービスエリアにて車中泊)愛子ステーションで復旧支援協力内容・支援先を聞き、現地へと向かいます。場所は、福島県相馬市 八沢排水機場 支援先へ向かう途中、仙台市内をぬけ、海岸沿いを走り出すと、今までメディアを通じ見た光景を目の当たりにします。道路の側まで何艘もの横たわった船、原型を留めない車や家屋。いかに今回の地震・津波の被害が尋常では無かった事を改めて感じ、怖さを知り、車中2人の中で言葉は出ませんでした。

復旧支援地の八沢排水機場に到着し、津波により水没した田畑・住宅地(海岸より内地まで約4キロぐらい)の海水を、24時間態勢で排水ポンプを使用し溜まった海水を除去する作業を行いました。

4月10日から17日午前中までの作業期間でしたが、作業期間中、震度6弱~5弱が4日あり、(現地でも震度3~4強を含む 1日多い時では10回以上の余震)津波警報・注意報による非難や余震が頻繁に起こる為、一時現地退避もあり、地震・津波の怖さを実際体感すると共に、被災者の方々がこの地で頑張ってる状況を考えると胸がつまり、もっともっとたくさんの支援が必要だと強く思いました。

排水作業も現地に到着した頃よりかなり水もはけ、作業最終日には未だ行方不明の方々の捜索も自衛隊・警察により大規模に始められました。一日でも早く、一人でも多く見つかる事をお祈り致します。
「私たちが今出来ること」
たくさんの復旧支援が被災地には必要です。
石田組として、個人として今出来ることを考え、要請による復旧支援も含めあらゆる支援協力を今後も行いたい、同じ日本・仲間だからそうしたい。
頑張れ東日本!  頑張れ日本!内藤・安部


ファイル 28-1.jpg

ファイル 28-2.jpg

ファイル 28-3.jpg

ファイル 28-4.jpg

ファイル 28-5.jpg


2011年03月29日

■地震に強い建物が完成した!!

地震に強い建物が完成した!!
写真

都内はここに来てようやく落ち着きを取り戻してきました。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

21日の春分の日に赤羽で完成した、
木造4階建のアパート見学会を行いました。

地震直後だけに参加者の関心は耐震性能!!


当社オリジナルのタイロッドシステム(特許出願中)
その性能を発揮し耐震性能の高さを証明しました。

地震後の調査では当社の建物は大丈夫でしたが
現場近くの高層マンションは10センチ位地盤が沈下していました。


阪神淡路大震災の時に2×4構造の建物は地震に強い事を実証しましたが
【社団法人 日本ツーバイフォー協会HP内、震災にも耐えたツーバイフォーへリンク】

それでも世間の常識は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の方が
木造(ツーバイ構造)よりも地震に強い建物である
と信じられています。

本当は鉄骨造・鉄筋コンクリート造・木造にしても其々の構造計算がされており
耐震強度がクリアされていなければ確認審査も通らない
ので
構造種類での耐震強度は基本的に全て同じなのです。

見学会では、皆さんに分かりやすく模型や写真を使って説明

設計者の中田好彦一級建築士からは「構造計算の審査を2度行うシステムで安全が
担保されている」
との話に窓越しに壁の厚さを御覧になり納得されていました。

今回の物件はファミリー層ををターゲットとしており、子供さんの入居も考慮
特殊防音2重床を採用!!

私が4階で普通に歩いた場合、ヒザを大きく上げて歩いた場合の振動を、3階で参加者に
聞いて頂く実験を行い普通音は全く聞こえないと皆さんがおっしゃいました。

賃貸経営コンサルティングマスター大友哲哉氏も参加して頂き「レベルの高い物件」との
お墨付きを頂きました。

参加して頂いた皆様には雨の中、本当に有難う御座いました。

またお申込頂きながらも色々な、ご事情で参加出来なかった皆様には
今後も色々な企画を予定しておりますので、次回の参加を心よりお待ちしております。



2011年03月15日

■ 「心からお見舞い申し上げます」 当社の出来る事

「心からお見舞い申し上げます」 当社が出来る事

この度は東北地方太平洋沖地震の被害にあわれた方々には
「心からお見舞い申し上げます」また一刻も早い復興をお祈りしております。 

地震時、私は電車で大森駅に着いた時でしたが、
地震で電車がこれ程揺れるとは思っていませんでした。
電車が動かなくなり、大森より蒲田まで歩いて帰社。

会社に戻り、赤羽で工事中の4階建の現場と連絡を取り
問題の無い事を確認し、お客様に報告。お客様からは安心したとの
メールが届きホッとした瞬間でした。

11日の地震当日は帰宅出来ず会社に泊まり、翌12日は当社が施工
した建物の状況を確認に廻り、各物件のオーナー様に全く異常が無い事を報告!

アパートが気になってもすぐに確認出来ない遠方のオーナー様からは電話を通じて
安心した様子が伝わってきました。 このオーナー様は昨日遠方より車を飛ばして
アパートの部屋の中を確認した所、
「全く物が落ちていなくて大丈夫でした!有難う御座いました。」との言葉を頂き
お客様から喜びの声を頂ける程、嬉しい事はありません。

日本は今までも大きな災害にあい、その度に乗り越えてきました。

計画停電で交通網がマヒ状態になり、仕事の上でも納品等が遅れて来ている
状況が続いていますが、社員一同、協力出来る事は協力したいと考えております。

そして当社にできる一番の事は、耐震性を高める為に当社が開発した
特許技術「ウッドスピナーシステム」
地震に負けない丈夫な建物
広く皆さんに知って頂き、建築する事
だと考えております。

これからも安心して安全に暮らしていけるアパート建築に努めてまいります。


2011年02月22日

■大手建設会社も“びっくり”

ファイル 25-1.gifファイル 25-2.gif

大手建設会社も“びっくり”

2月18日(金) 当社が赤羽で施工中の
木造耐火構造4階建の現場を日本ツーバイフォー建築協会・
カナダ林産業審議会・建築各社の技術担当者の方々が15名
ほど視察
その構造の強さに改めて驚きの色が!

現在、日本では木造で4階まで建築出来ますが、
ツーバイフォー協会担当者の方より
来年度から国も正式に木造多層建築の研究に入る事が
決まっており、
当社の特許技術が重要となるもので大変注目
しており技術協力の要請が協会からありました。

また、多数の取材陣が!!
日本プレハブ新聞社の編集長を始め取材の方より
今迄見た事が無い程丈夫な木造耐火構造4階建に感嘆の声が!

さらに投資目的の建物としての利回りの良さに驚かれ、
今後も木造4階建ての取材を続けたいとの事で
3月21日(春分の日)の完成見学会の取材申込の依頼が早速ありました。

皆様も業界で注目の木造耐火構造4階建(ファミリータイプ)の
完成見学会にいらっしゃいませんか。


詳細及び申込はコチラよりホームページをご覧下さい。


2011年01月10日

■白熱セミナー!!

ファイル 24-2.jpg

■白熱セミナー!

師走の11日アパート経営セミナーを開催致しました。

1部では賃貸経営コンサルティングマスター大友哲哉講師
「間取り決定手法」を

写真

2部の「間取り研究」では1対1の討論バトル

アメリカ仕込の宮崎 豊講師よる討論形式セミナー


ガゼン
白熱のセミナーになり

皆さんがそれぞれに自論を披露

【なるほど!】
だったり【いや違うかも?だっだり


アンケートでは
「とにかくカナダ式間取りは面白かった」


「久しぶりにハッとさせられた話しでした
との

感想が寄せられました。


入居者にアピール出来る間取り

     「長期入居」「空室対策」にも有効です。

今年も色々な企画を予定していますので、是非皆様の
参加を心よりお待ち致しております。


これからの予定

 1月29日(土) 

  ※僅か10年強で300戸・土地2000坪
          総資産35億円!!
  スーパー大家さんとの交流会を開催!!

 詳細はこちらをクリックして下さい。


 3月

  木造耐火4階建(ファミリータイプ)の完成物件見学会



今年も宜しくお願い致します。


2010年11月02日

■「ワケあり土地」活用セミナーを開催

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpgファイル 23-3.jpg

「ワケあり土地」活用セミナー開催

「ワケあり土地」活用セミナーを10月17日(日)午後
銀座で開催しました。

1部ではアパート用地を選ぶ時、良さそうに見えても
実は使えない土地や、地形が悪くても案外アパート用地に
向いている土地、レンタブル比を最大に使える計画

様々な角度から、経験豊富な設計士の中田好彦氏が解説。

土地を取得する時、良い土地ほど競争になり
素早く買う! 買わない! の判断が必要です。

2部では当社の一級建築士の木村スタアが
「早分かり!アパート経営チェック法」を講演。
皆さん計算機を片手に真剣に勉強しておられました。

3部では賃貸経営コンサルティングマスター大友哲哉氏が
「23区内/駅徒歩5分で土地から購入して利回り8%OVER」
題して講演して下さいました。

更に12月11日(土)にはありきたりになりがちな間取り
【入居者にアピールできる間取り】自分で出来る様に学ぶ
セミナーを予定しております。

詳しくは こちら をクリックして下さい。

是非、参加をお待ちしております。


2010年10月12日

■日頃の行いが・・・(都内で地鎮祭)

ファイル 22-1.jpgファイル 22-2.jpgファイル 22-3.jpg

日頃の行いが・・・(都内で地鎮祭)

サラリーマンのアパート投資が盛んですが
都内でサラリーマン大家さんの投資用アパートが着工します。

駅から数分の商業・防火地域に
   木造耐火構造4階建の計画

完成は来年2月


着工に先立ち10月10日地鎮祭を予定
10日は休日の大安、

晴れの特異日だったはずが・・・・

予報はなんとを伴う大雨

急遽、砂利を撒き足元対策、
テントを張るので多少の雨は大丈夫のはずだが・・・

当日、お施主様と私の日頃の行いが良く (^o^)丿
雨もほぼ上がり
八幡神社の宮司様によって
滞りなく行われました。

計画が始まって、打合せを重ね1年目の地鎮祭でした。

作業の安全を第一に
お施主様が誇れるアパートを建築します!!


2010年09月17日

■サラリーマン大家さん 交流会

サラリーマン大家さん 交流会
(クレバーオーナーズ倶楽部 交流会)

残暑が厳しい9月11日(土)の午後
クレバーオーナーズ倶楽部 交流会

現役サラリーマン大家さんの体験談を伺う
交流会を開催しました。


交流会にはサラリーマンでこれから「大家業」
目指す方
2・3棟目を計画されている方が参加

さらにゲストで「金持ち大家塾板橋校」の
大友哲哉氏にも参加して頂きました。


*着工寸前に施工会社が倒産!

こんなアクシデントを乗り越えアパートを完成

させるまで御苦労したサラリーマン大家さんのお話は

参加された皆さんにとって大変貴重なお話となり


中でも、アパートを計画する時、土地探しが最大のポイント

意見が一致。


質問やら情報交換、大家さんの失敗体験
大友氏からのアドバイスと内容の濃い交流会となりました。

10月17日(日曜日)午後より土地探しのハードルを

下げるセミナーを開催
します。 

これから「大家業」を目指すサラリーマンの皆さん
必見のセミナー
となります。

詳しくはクリックしてホームページのお知らせをご覧下さい。

セミナー終了後、懇親会も予定しております。

是非参加して大家さん同志で交流を深めて下さい。参加お待ちしております。


2010年07月28日

■え!!・・・ 木造で9階建てが!!

■え!!・・・ 木造で9階建が!!

イギリスでは、既に木造9階建てが建っています。

地球温暖化阻止の流れの中CO2削減を目指し
ヨーロッパでは、木材利用を促進しエコを進める為

一般のビルでも木造化の動きが活発になっている様です。
日本でも今年からツーバイフォー協会が
木造6階建ての研究に着手する様です。

実は既に日本でも木造4階建ては許可になっておりますが
当社の木造4階建共同住宅に対する取組みが評価され

この度、大学教授や研究者の方々と共にセミナー
講師を務めさせて頂く事になりました。


期日が迫っておりもうわずかな席しかない様ですが
専門家でも殆んど聞く機会の無いセミナーですので
参加されたい方は、お早目に下記よりご予約下さい。

(事業者向けセミナーと記載してありますが
一般の方の参加も可能だそうです。)

詳しい内容や申込みは こちら 社団法人 日本ツーバイフォー協会

ホームページをご覧ください。



環境にやさしい中層建築への展開と取組み

第2回ツーバイファー大型建築物事例研究セミナー
■日時;平成22年8月10日(火)
午後13時から午後16時30分


2010年07月27日

■Yes we can! ・ I can do it!

ファイル 19-1.jpgファイル 19-2.jpgファイル 19-3.jpgファイル 19-4.jpgファイル 19-5.jpg


連続の猛暑が続く7月25日(日)

見学会&アパート経営セミナーを開催しました。

見学会は銀座で施工した老舗のお蕎麦屋さん。

施主で、御店のご主人からご挨拶があり


「初めは木造ってどうなのかと色々心配していましたが

使ってみるとビルと変わらないなあと感じました。

この時期、夜の営業が終了してクーラーを切り

翌日に店に入ると、まだ涼しさが残っている状態です。
」と

昼食は施主が精魂こめて作って下さった海老の天ぷらと

辛み大根のおろしがのった冷たいお蕎麦を頂きました。
(美味しくって皆さん完食!)

午後はアパート経営セミナー

中田好彦一級建築士が「できる建物ボリュームチェック」と題して

マイソクを見て、どの位のボリュームの建物が出来るのかを

簡単な方法で自分で出せる
様に教えて頂きました。

賃貸経営コンサルティングマスター大友哲哉氏が

「23区内/駅徒歩5分で実現する新築8%マンション投資法」と題し


『利回り8%OVERの企画術』を学びました。

セミナーが終りYes we can(私達は出来る!)

 I can do it
(私なら出来る!)
と言う声が聞こえてくる様でした。 

皆様、猛暑のなか御苦労様でした。


次回9月11日(土曜日) 【大逆転のアパート経営術!!】
サラリーマン大家さんをお招きして交流会を開催予定しております。

詳しくはこちらをクリックして御覧ください。


さらに10月17日(日曜日)アパート経営セミナーを開催予定
詳細は決定次第お知らせ致します。